Google Chromeの右クリックメニューをカスタマイズする

img 56c2dffaa5bf8 - Google Chromeの右クリックメニューをカスタマイズする

2016年2月19日

右クリックメニューに日本版ウィキペディア検索を追加する

Context Menu Search の使い方は、こちらのページで解説しました。

前回のページでは、デフォルトで入っている英語版の検索サービス4つを削除して日本語版Yahoo!であるYahoo!JAPAN の検索サイトをメニューに入れました。

検索サイトは、他にもBaidu(百度)や、Bingなどありますが、実務上はGoogleとYahoo!の2つあれば、不要なので敢えて入れません。
是非入れていておきたいのは、日本版Wikipediaです。デフォルトで入っていたWikipediaは英語版でしたので、日本語版Wikipediaを追加する方法を解説します。

 

日本版Wikipediaを追加

日本語版WikipediaのContext Menu Search設定用URLの取得をします。
まず、日本語版Wikipediaを開きます。
→ https://ja.wikipedia.org/wiki/メインページ

Wikipediaの検索窓に、 TESTSEARCH  と入力して検索します。
               ↑ここがポイント!

img 56c307b337fa1 - Google Chromeの右クリックメニューをカスタマイズする

検索結果で出てきたURLをコピーします。

img 56c30aa6b38fd - Google Chromeの右クリックメニューをカスタマイズする

URLの表示の日本語の部分は、実際には、ピュニコードという数字と記号の文字列に置き換えられますので、下記のような文字列として表示されていますが、

img 56c30b58f2fd0 - Google Chromeの右クリックメニューをカスタマイズする
URL欄に表示された文字列

実際には、末尾の日本語部分がこのような長いピュニコード文字列に置き換わっています。

https://ja.wikipedia.org/w/index.php?search=TESTSEARCH&title=%E7%89%B9%E5%88%A5%3A%E6%A4%9C%E7%B4%A2&go=%E8%A1%A8%E7%A4%BA

(↑この文字列コピペ可能)
このURL文字列をコピーしておきます。

次に、Optionを開きます。
ブラウザで表示されているページから何でも良いので任意の文字列を右クリックして虫眼鏡マークのContext Menu Searchから オプション(Option)をクリック。

img 56c2dffaa5bf8 - Google Chromeの右クリックメニューをカスタマイズする

Optionページを開いたら、上の方に、
『Add more Search Engines manually』(検索エンジンの手動追加)の欄があります。

img 56c30ccf51ecd - Google Chromeの右クリックメニューをカスタマイズする

 

Aの部分は、自分で命名する欄です。ここでは、『Wikipedia日本語』としておきました。
Bの部分に、先のコピーした文字列を貼り付けます。
次に、C:『Add new option』(新しいオプションの追加) を押します。これで、完了です。
確認として何か適当な文字列を選択して右クリック、虫眼鏡マークをクリックしてみてください。

ちゃんと、Wikipedia日本語が出ていればOKです。

img 56c42fc84798d - Google Chromeの右クリックメニューをカスタマイズする

以上、『Wikipedia日本語版』の追加方法でした。
実は、Wikipediaの場合は、URL設定の文字列は、長いピュニコード入りでなく、
https://ja.wikipedia.org/wiki/TESTSEARCH
この文字列を貼り付けるだけでも、ちゃんと使うことが出来ます。

Wikipediaは日本語でないと不便でしたが、YouTubeやツイッター、Facebook等々‥、
英語サイトでも関係ないサービスサイトはOptionで用意されています。

YouTubeの入れ方はこちら。