テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

tp counter - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

2018年7月31日

TeraPad(テラパッド)に文字数カウンターを設置する方

ブログやメルマガの記事の下書きにも便利に使えるテキストエディターTeraPadですが、編集中の文字数を数える、テキストカウント機能はついていません。
WordPressの編集画面では、画面右下に文字数がリアルタイムで出てくるので便利ですが、TeraPadに文字数カウンターがあれば便利だと思いませんか?
そこで、実際に私が使っているTeraPadの右クリックメニューに文字数カウンターを入れて利用する方法をご紹介します。
TeraPadはHTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラムソースを編集するときばかりではなく、ブログやメルマガ、ちょっとした記事の下書き、メモ帳代わりとしても便利に使えます。
私は毎日メルマガの下書きをTeraPadで書いています。
TeraPadで文字数がカウントできるととっても便利ですよ。

 

TeraPadの「文字数カウント」の使い方

img 5b5443135af0a - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

まず、編集中のTeraPadから、文字数を数えたい部分だけをカーソルで反転選択します。

メニューにある「ツール」をクリックするか、どこでも良いので任意の場所で右クリックするだけでも、この「ツール」が出てきますので、そこから出てくるプルダウンメニューの 「文字数カウント」をクリック。

これで、↓ 下図のように選択部分の文字数が出てきます。

img 5b544493c7745 - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

使い方はとっても簡単ですね。

 

TeraPadへの導入方法

実は、この機能は外部のソフト WideStrCounter Ver.0.07 というソフトを利用します。

TeraPadツールのダウンロード ←こちらのサイトをご覧ください。

TeraPadを色々とカスタマイズできるツールが色々並んでいますが、
上から9番目にあるのが、目的のソフトです。img 5b56e59b27d81 - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

 

■直ダウンロードはこちら。

https://tera-net.com/dl/tpad/tools/wsc007.lzh

圧縮ファイルLZHのファイル形式になっていますが、デスクトップ上にでも置いて解凍して下さい。

img 5b6015531a0ec - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

左側の「wsc007.lzh」がダウンロードした圧縮ファィルで、

右側の「wsc007」というフォルダが、解凍したフォルダです。

フォルダを開くと、2つのファイルが入っています。

 

 

img 5b60042e6f349 - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

 

右クリックでデスクトップに解凍すると「wsc007」というフォルダができて「WS.exe」というプログラムファイルが表示されます。
これを、TeraPadをインストールしているフォルダに移動させて設定することになります。

 

TeraPadの保存先の調べ方

既にTeraPadを使っている人の場合、よほど自分で特別な場所を指定していない限り、C:\Program Filesもしくは  Program Files (x86) にあるはずです。

どこにあるか?を調べる方法は以下2通りあります。

TeraPadから調べる方法

  1. TeraPadを開いたら、❶「ヘルプ」をクリック、❷「バージョン情報」を出します。

    img 6215f13a866a7 - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

  2. バージョン情報を開くとTeraPadというタイトルの下、バージョン、コピーライティング、ユーザーの下に、「IniDir」という記述があります。

    img 6215f28963071 - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

    ここが、プログラムの置いてある場所になります。
    この文字列が記述されている欄は横幅が短いので末尾全部標示されませんが、カーソルで末尾まで選択ができるので、全部選択してメモ帳(今使っているTeraPad可)にメモしておきます。今回の例では、 C:\Program Files (x86)\TeraPad\usr\kobayashi いうのが私が今使っているパソコンのTeraPadのパス(場所)となります。
    ちなみに、Windows の64ビット版の場合はCドライブにProgram Files と Program Files (x86) の2つがあり、32ビット版のアプリケーションは「 Program Files (x86) 」がTeraPadのようなアプリの保存場所になっています。
    今回調べた C:\Program Files (x86)\TeraPad\usr\kobayashi というのが必要な情報になります。

スタートボタンからから調べる方法

  1. 1.Windowsの場合スタートボタンから、→ コンピュータ → ローカルディスク(C:) から、Program File またはProgram Files (x86) を開きます。
  2. 以下32ビット版パソコンのでの様子なので「Program File」となります。
    Windows10の場合は、最下部のタスクバーにある「エクスプローラー」を開いて、「PC」を選択し、右上の「検索」から「TeraPad」を検索して見つけてください。見つかったら右クリック→「プロパティ」からファイルの置いてあるルートも確認ができます。
  3. img 5b6007915d45e - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法
  4. 「Program File」フォルダの中から「TeraPad」フォルダを見つけて開きます。

img 5b6008aaedc7c - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

文字数カウンターの入れ方

文字数カウンターを導入する場合は、先程の「WS.exe」を今開いた、TeraPadを置いてある場所に

ドラッグアンドドロップして移動させます。

img 5b60094e8579b - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

これで準備OKです。

 

TeraPadへの設定

普通に、TeraPadを起動させます。
メニューバーから、「ツール」→ 「ツールの設定」を開きます

img 5b600b190e45e - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

ツールの設定を開いたら、「追加」をクリックします。

img 5b600db6cbc46 - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法
↑ クリックで拡大

 

各項目を以下のように入力します。

img 5b600ece52c5c - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

「名前」は、自分で好きにつけられます。ここでは、【文字数カウント】としました。

「実行ファイル」は、右側にある「…」ボタンを押して、先程、TeraPadフォルダに入れた「WSC.exe」を指定します。

「コマンドパラメータ」には 「/c /t」と入力してください。「/c」と「/t」の間には半角スペースが入ります。

OK」ボタンでOKです。

ちなみに、この記事の冒頭、一番最初の説明にこんな画像ががありましたが、

img 5b601197db52e - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

ここには、「グーグル検索」と、「Yahoo!検索」「Google翻訳」のメニューが入っていますね。

しかし、本来デフォルトでは、ツールには、「未登録」として何も入っていません。

img 5b60224adc8ac - テキストエディタTeraPadに文字数カウントを設定する方法

ここに、「文字数カウント」だけではなく、このように色々なツールの設定もできます。

これらのメニューを追加する方法はこちらのページをご覧ください。

テキストエディタTeraPadから直接検索する方法

 

追記:TeraPadはパソコンごとに入れるツール

以上、TeraPadに外部の機能をメニューに入れる方法でしたが、一つ残念?なのは、ご存知のように、TeraPadはクラウドツールやブラウザで機能させるツールではありません。
ですから、PCごとにメニューに追加する作業が必要になります。
私も、メインの自宅デスクトップPC、事務所のPC、出先で使っているモバイルノートPC、全部にこの作業をして設定しましたが、結構面倒でした。(^_^;)
でも、全てのPCに導入したのでかなり作業性が良くなりました。